シングル「Anyway / Style on the Sea」についての蛇足

いつも言ってるような気がしますが、、さ、さむいですね…。
ニューシングル「Anyway / Style on the Sea」を発表して、いつの間にやら3週間ほど経ちました。

ちょうど一年前に(…ロードじゃなく)、ふと曲がたくさんできた時期がありまして、その時期の曲達が今回と前回のシングルの骨子となってます。


ジェットコースターのような痛快な展開を次々としていく楽曲や、あえていびつな言葉を組み込んでいくような刺のある音楽が主流の今、どんどんシンプルで寡黙にかわっていくぼくの音楽は、聴いてくれているみなさんとどんな風に接点を持つことができているのか、はわからないとしても、1曲1曲をつくり上げる毎に、新しい挑戦への興奮と高揚をいまだに保ち続けていることに嘘はありません。

つまり、いつだって「こんな最高な曲できたんだけど聴いてくれよ!」 っていう気持ちなんです。曲暗いけどね…笑

断絶を知ることで、距離をとることで、共存していくコミュニケーション、理想と現実、テクノロジーや都市の文明と我々、みたいなところでしょうか。うたのイメージ図。や、やっぱ、暗いわ!笑

3曲目はワンマンの時にみぎがソロで披露した楽曲。4曲目は言わずもがなのmolmolダブミックスです。いいよこれ。

今回の作品もたのしんでもらえるとうれしいなあと思ってます。
JETSETとmore recordsで買えます。一枚一枚作ってますので、ぜひ手にとってみてくださいね。

では!