清水氏によるRolling Stone誌でのレビュー

「3人組エレクトロポップバンドのサード・アルバムは、ともすれば彼らが本来持っている大衆性に隠れていた感もある、リスナーとしてのマニアックな嗜好性が露わになった傑作。チルウェイヴやダブステップといった海外の動きともリンクしつつ、ダークな長尺のインスト・ナンバーも増え、それがヴォーカル曲とのコントラストを成している。メンバーは映像プロジェクトでも活動しているが、サウンドを視覚的に投射しようという試みが、ここにきて見事に結実したと言えるかもしれない。」

(清水祐也 Rolling Stone / Monchicon!)