寛容さのマージン

深夜の荒川土手は自由で気持ちよかった。

土手の上にのぼる高い階段を上がり、さらに川沿いの道に降りたら、草のにおいがした。

誰もこない代わりに、何をしてもいい。暗くてよく見えなかったが、途中から全力で弾き語りの練習をする男が土手の上のほうにあらわれて、一時間くらいうたって帰っていった。とにかく下手だったけど、いいなと思った。

人と離れると人は寛容になれるのかも。