まだ沈殿中

昨日安東と色々話しててふと思いつきまして、今日はギフトとテフテフを一日中流しっぱなしにするっていうユーストをやりました。聴いてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

ユーストっていざ自分がやってみるとなかなか面白くってですね、テレビ放送っていうものがこんなにも強大な力をもっている理由を肌で感じました。何よりもやる側がたのしい。文化として増幅していく時に、その要素はきっとかかせないでしょう。

先日プレスしたCDも無事届いて、ちょっとだけ開封ユーストなんてくだらないのもやったのですが、デザインもあらためて確認して、ドキドキしながらも色々とチェック。で、バッチリ!本当に安心しました。今回のデザインももちろんSLEEPERSが担当してます。

デザインのことも含めて、今回のアルバムについてまだまとまっていない想いがあって、なかなか言葉にできていません。今年じゃなければこういうアルバムは作らなかったし、今まで比較的多くぼくが作ってきた、きみとぼくのラブソングは全く作る気になれなかった。飾らない日常なんてもってのほかだし、誰かを励ます応援歌も、なんかしっくりこなかった。

ただただ現代の鏡として構え、そこから上空へと反射するような空想へと変換する。事実から逃げない。ただし限りなく空想する。

そんな風に考えていたんだと、今になって思うのですが、これはまだ、もうちょっとそのままにしておく必要がありそう。