苦悩風いいかげんテキスト、または二枚舌

なんでここんところ毎日のようにテキストを書いているのかというとですね、うっかり軽はずみに書いた言葉たちを目のつかないところに、埋め立てる為です。武士に二言なし。言った以上削除するなんていう無様な姿は見せられないのだ。それならスコップ持って向日葵でも植えるフリをしよう。消すんじゃなく、数でごまかす方式。ウォーリーを探せ的テキスト運用。

とかなんとか言いながら実はこのブログ、これまでに書いた半分くらいの記事は消してます。いくら広いから隅のほうに置いときなよって言われたって、いらないもんはいらないんだから。永遠に残って美しいものなんて今まで出会ったことない。消えないものなんて自然界からは生まれない、人間が作ったくだらないものばかり。瞬間の感覚に基づいた消え去っていく美しいものしか、この世の中には本来要らないのだ。

よって結論としては、、、気分によって捨てたり埋めたりする!もしくは書かない!現代の侍によるダブルスタンダード。男たるもの揺れながらスマートに生きなきゃですね。

はて、自分でも何を言ってるのやら…。

日本語のうたについて頭を悩ましています。

ぼくはこれまでのところ、golfはあくまで日本語でうたうグループという部分に、人知れずこだわってきました。こだわりの理由は長くなるとめんどくさいので書きませんが、golfとして新しい音楽を作る際の唯一のルールと言っていいかもしれません。
で、なにが悩ましいかというと、そんなルールもなんだか鬱陶しくなってきてるという現状。新しいものを作るために、古いこだわりなんていらない!んなもん、燃えるゴミで捨てちまえ!

はは、そう。男の揺れです。

また早く埋め立てなきゃいかんなこりゃ…。