ここは神宮球場 次は渋谷

先日スリーパーズで呂布の撮影をしました。そのときの写真。街のいたるところでフリースタイルしてもらいました。





ヒップホップはまだまだ日本語を進化させてる感じがする。街(ストリート)と同化できる。自由なんだ。メロディ日本語も負けてらんないなぁといつも思う。ぼくの日本語はストリートには同化できなさそうだけども、メロディをつけることで個人の記憶にはもぐりこめるはずだと思ってる。
ぼくはリアルよりファンタジーを作りたい。ファンタジーって、未来だと思ってたのに過去から見つけ出せることが多い。というのが最近のワタクシの見解。

それにしても渋谷ストリートの呂布はかっこよかった!乞うご期待!