Yellow 歌詞

サンセット

いつの間にか 時は過ぎて
遊びつかれた 場所と思い出
閉じたままの夢の扉
放り投げた記憶の中

バイバイぼくたちのサンセット
激しく燃えている 次の朝のサンライズ
いつもの場所で会おうぜ

いつの間にか 時は過ぎて
光なくした ダイヤのように
うつむきかけた 日々の途中で
置き忘れた 記憶の中

バイバイぼくたちのサンセット
激しく燃えている この熱い太陽
誰かとつながっていたい
バイバイ素敵な友へ とりあえずお別れ
次の朝のサンライズ いつもの場所で会おうぜ

いつだっておかしいほど
思い出した笑顔
眩しくて 目を閉じても
感じた太陽 溢れた涙の理由も

バイバイぼくたちのサンセット
激しく燃えている この熱い太陽
誰かとつながっていたい
バイバイ素敵な友へ とりあえずお別れ
君の為のサンライズ いつもの場所で会おうぜ


スロウ

名も知らぬ街について いつもの店に入ろう
どこに行ってもぼくらは 同じことばかりするのさ

いつも空は高く青いままで 君は何か願っていた
時間なんてわりとたくさんあるから 気にするなよ スロウタイム

得も知れぬ不安なんて 誰にでもあるものでしょう
それなら今だけでも 君と笑っていたいよ

ずっと夜は深く長い間 ぼくらを抱きしめてくれた
残された時間はもう少ないかも 気を抜くなよ いつでも

そう心揺らすきみの涙 遠くまで流れていた
終わりなんて 今は見えないはずだぜ 気にするなよ


Life

さがしているのはきみへの言葉 永遠の世界
鏡に映った夕暮れと花束 赤くにじんでしまう

崩れ落ちそうなスピードで
いつかは消えゆく面影 ゆっくり手を伸ばして
やがて過ぎ去ってしまうまで
ぼくは見届けたいよ その手を離さないで

手に入れた大事な宝物あげるよ
少しでも少しでも甘いキスをきみとしていたいだけさ

何も見えなくなって
愛する気持ちだけでもここに残ればいいんだ
悲しい歌の終わりに静かに流した涙きっと忘れないでいて

崩れ落ちそうなスピードで
いつかは消えゆく面影 ゆっくり手を伸ばして
やがて過ぎ去ってしまうまで
ぼくは見届けたいよ その手を離さないで


Yellow

通り雨はイエロー 町はブルー
通り雨はイエロー たまにブルー
通り雨はイエロー 君がブルー?
通り雨はイエロー たまにブルース

出会うために

モノクロのフィルムが焼きつく前に
カラフルな夜がいつかくるだろうか


Twilight

手に持ったピンクの紙に記した
きみの言葉すぐにサイフに隠した

朝から止まない雨の中に
浮かんだイメージいつまでも残っていた

夕暮れすぎても外はまだ雨模様
こんな夜はすぐに終わってしまえばいい
不安定なメロディ
口ずさむアイラブユー

こんなぼくでもずっと好きでいてくれるかい?

しめった風のにおい
水たまりはねる雨のしずく
黄昏進む空に霞んでゆく
たくさんのメッセージ 届いている?

灯りが消えても見つめていたいよ
こんな夜はきみのそばにいるだけでもいい

幸せなメロディ
口ずさむアイラブユー

こんなぼくでもずっと好きでいてくれるかい?


ストーリー

甘い香り 風の便り 近づいてる秋の足音
遥か先の町の光

揺れて 眩しいほど
そんなストーリー 愛のストーリー

木枯らし吹く 錆びた通り 辿っていくきみの足跡
わずか先の町の景色

揺れて 眩しいほど
ふれているような 優しいモード
そんなストーリー 愛のストーリー