ママさんダンプの説明が難しすぎる件

今日はGarageでライブ。半分くらいは平成初頭の名曲たちをカバーして、半分くらいはGolfを演奏した。

ぼくは今日みたいなGarageのイベントが本当に好きだ。音楽に対してどこまでも自由で、純粋な動機以外は何もいらないし通用しない。

ピュアな表現者として全力でライブするADや池田くんを見ながら、文化的な空間というのはこういうことを言うんだろうなと思った。

F5富士

f:id:golf-music:20190129033025j:plain

瓶ビールをセルフで出すタイプの居酒屋で、音楽好きな友人とSpotifyなのか、Apple Musicなのかという話をした。

自分の好きな音楽をたのしみたいと思っている人にはApple Musicを、なにかいい音楽と出会いたいと思ってる人にはSpotifyをすすめる。ちなみにぼくは今のところ両方使っている。両方使ってわかっていることは、どちらも大差ないということ。

たぶんそんな話をしてるのも今のうちだけで、数年経つとプラットフォームごと変わっているにちがいない。

職人たち

f:id:golf-music:20190128014248j:plain

ぼくは車が好きなほうだとは思うけど、運転すると眠くなる。

停留所のたびにアナウンス、信号を越えるたびに指差し確認、たまにSuicaのチャージも。バスの運転手という仕事は自制心の必要なストイックな仕事だな…と尊敬の念を抱きながら降車。

ずいぶん前に一度嵐のシングル曲のコンペに楽曲を出してみたことがある。何も起こらなかったけど、ポップスの型で曲を作る練習になって案外たのしかった。

そのコンペでは、嵐というグループがある程度定めている音楽性を説明するようなテキスト資料があった。当然ながら、やりたい音楽をうたって、気ままに活動している5人組ってわけじゃないんだよなと思ったことをふと思い出した。

いい音楽と出会えてうれしい

GARAGE坪井くん渾身の一日は、どの出演者も個性溢れる正しき音楽家たちばかり。刺激的でたのしかった。

Golfは今回もVJは海くん。

そしてGolfの前にでてたall about paradiseがあまりに最高だったことをここに記しておく。こんなに自分のツボにささってきたのは、近年ないなー。イチファンとして応援したい。