Fender Lead2

最近はFender Lead2というギターを弾いている。

いつも変わったギターを使っているので、すごく詳しそうに思われがちだけど、偶然出会った珍しいギターを持っているだけのことが多いので、話しかけてくれるミュージシャンたちのギター愛にいつも驚く。

ロデオの恋人と不意にすれ違った

The Byrdsのロデオの恋人のTシャツをきている外人と街ですれ違って、危うくハイタッチしそうになるくらいテンションがあがった。

ワオ!ロデオの恋人じゃん!おまえ最高だな!

って顔をしてたと思う。静かにすれ違った。

ロデオの恋人は、オールタイム・ベストの上位10位には入るであろうアルバムだ。なぜそこまで好きなのかは自分でもよくわからないが、あの音を聴くだけで気持ちが持っていかれる。

バーズはほかにも好きなアルバムがあるけど、このアルバムは特別。

Spotifyでさがすと、よく知らない曲(アウトテイクとか?)が足されているバージョンもあった。真のバーズ好きにはたまらないのかもしれないけども、聴き慣れたいつものが聴きたかったので、曲数増えなくていいのになあと思った。もう少し冷静な気持ちで探して出会っていれば、きっとうれしかったはず。

人の欲とは難しい。

環境構築の壁

トークボックス試行錯誤中である。

ハーモナイザーやオートチューン全盛の今にあって、わざわざトークボックスをやろうというのは自分らしくていいなと思いながら、ソフトシンセで最適な音色を探している。

どうやらトークボックスをやる人でソフトシンセでやろうという人は少ないらしい。たいていは、マイクロコルグ、ミニムーグ、DX100。まあそりゃそうか、ソフトシンセに精通しているようなDAW使いからしたら、わざわざホースくわえなくてもいいエフェクターが世の中にはすでにいくつもある。