2016によく聴いた曲とか

今年前半はHocoriとユキヒーロープロレスのコラボがあり、ファッションショーベースでリリースやライブするという、自分の音楽史においては非常に斬新な出来事でした。SLEEPERS FILMでは、数年に渡って縁の深い方たちの飛躍を後押しできるような作品をいくつも残せたかなと。ミックス・マスタリングのほうでも大好きな人達と面白い作品が作れたので、やあ、振り返ってみると相変わらずバタバタしてましたが、ほんとに実りの多い幸せな一年でした。みなさまありがとうございました!

一応、ぼくのソロワークス的なものは以下URLにもありますのでぜひ。

http://golf-music.com/journal/

 

そこで本題の、誰に頼まれるともなく、毎年ただ書きたくて書いているベストトラックということで、

 

Whitney - Light Upon the Lake

 

Whitneyは一聴した瞬間のこのかまぼこサウンドの衝撃に心底やられました。このデジタルレコーディングの時代に、どうやってこんなにアナログテープなサウンドを作り出せたのかと頭を悩ませていたのですが、monchicon!清水くんの情報によると、Tascamのオープンリールでの録音とのこと。

フォーク・ロックが形作るファンタジーに必要なのは、プロツールスではなくテープマシンだったという2016年の結論に、現代音楽人として心が折れそうになった瞬間でした。

何言ってんだこいつという感じでしょうが…。

とにかく、Followという最後の曲が好きすぎて、リードギターを聴くと涙が出てくるし、土手に向かって走り出したくなるくらい甘酸っぱい気分になれます。恋の魔法にかかってるとしか思えない楽曲群です。インタビュー中にキスしてしまう彼らをみて、ぼくはどういう気持ちでいればいいのか未だにわかりません。

 

正直言うと、Whitney以外はどうでもいいくらいぼくにとってはエポックな作品でしたが(Jefferson AirplaneやBuffalo Springfieldを久々に引っ張り出して聴いちゃうくらい)、ほかにも音楽は聴いていたわけで、以下です。

 

Weval - Battle

これぞKOMPAKTという逸材。

 

Archy Marshall - Eye's Drift

あんたどんだけ天才かよとつぶやきながら何度も聴いた。

 

Aldous RH - Sensuality

このライブ映像が一番笑えるしかっこいい。

 

Red Hot Chilli Peppers - Go Robot

恥ずかしながらほぼ通過したことのなかったレッチリだったのですが、新作はすごくよくって、特にミックスがWhitneyとは完全逆ベクトルで最先端を見た感じ。

 

KAYTRANADA - LITE SPOTS

ジャケが最高で聴いたら音も最高。ダンスミュージック界には、まれにこういうポップネスを備えた才人が飛び出しますね。

 

Chance The Rapper - Angels

SoXと共に彼がここ最近追い求めてきた音楽(体験)がここに極まった感があるのではと。すごい境地。Donnie Trumpetの効き目も素晴らしい。

 

Mayer Hawthorne - Out Of Pocket

タキシードを経たソロもよく聴いた。

 

Milkron - Ask Me

聴いて安心な硬質。

 

Cass McCombs - Bum Bum Bum

今年は例年にも増してmonchicon!からよく聴いた気がする。これもそう。

 

Junior Boys - Over It

日本を代表するジュニアボーイズファンと思っていますが、新作はこれまでのファンが好きそうな(のでは)曲が多い中、この曲は何か新しい挑戦を感じて嬉しかった。このビデオが新しい客を遠ざけたかもしれないが…。

 

NxWorries - Link Up

これはほんとよく聴いた。こないだ呂布の車に乗ったときも偶然かかって、おお!と思った。アンダーソンパークという才能の勢いを感じずにはいられない作品。

 

FOUK - Gruff

Arthur Russellマナーなベースラインが最高ということで、DJのときよく使った。

 

Steven Julien - Chantel

この人はシーケンスというものにとらわれず音を遊べるトラックメーカーだなと感じて、なんでしょう、フライングトータス後の才能といいますか。

 

Rainbow In Your Eyes - Leon & Mary Russell

今年はたくさんのレジェンドが逝去しましたが、レオン・ラッセルもまたその1人ですね…。

 

今年もありがとうございました!

golfの新曲もできてますので来年はより楽しいお知らせができるのではと。ほんとです。いつも言ってるみたいですけどほんとです。

それではよいお年を!来年もよろしくお願いします!!!

2016.12.31 Saturday|Text

真夏の夜の夢

恒例になりつつある珍屋でのインタビュー撮影協力 by SLEEPERS FILM。今回はTAMTAMのお二人でした。当然ながらレゲエ・ダブに詳しい彼らにとても感心。あと話しがほんと面白い。ずっと聞ける。

 

珍屋にてオススメされたBOZ SCAGGS & BANDのB面をとても気に入ったのでここんところ毎日聴いてます。

どうしちゃったのかというくらいに久しぶりに生バンドの音に回帰なモードだったので清水くんと松林店長にいいのあるかきいたところ、こうやって教えてもらって出会えたりするのがとてもうれしい。そんなわけでここんところ夜な夜なApple Musicで60s70sロックを漁ったりもしてます。10代後半によく聴いてたブルースとかまで聴き始めちゃって、自分でも意味がわからないですが、そんな波もくるということです。楽しく迷子してる。

 

聴いたことのあるサウンドは使いたくない病にかかった時にまあまあ重宝したソフトウェアたち。

 

面白い機会をもらったので、曲ではなくサウンドの制作。そういう時はやっぱハードがいい。mophox4活躍した。

 

プンプンとミツメのタワレコイベント。本気かつ真面目に音楽を楽しんでる彼らに刺激もらいました。

2016.08.10 Wednesday|Text

いくつかのライブに行ったりした話。

実家で掘り出したVHSCのビデオカメラ。記念撮影して捨てるつもりが、愛おしくなっちゃって捨てられなかった。

 

ぼくの中でだけお馴染みの、ROTH BART BARONまっちゃんと撮るシリーズです。今後とも乞うご期待!

彼らは現在アジアツアー中。引き続きSLEEPERS FILMは彼らを追いかけていますので、こちらも乞うご期待!

 

カジヒデキ20TH@ビルボードライブ東京みてきました。演奏も空間も気持ちよかった。堀江さん鍵盤のラブームは、まさしくあのラブームで、そりゃあもう感動しました。当時よくみてたあのPVを思い出した。

ぼくはいつも自分なりのラブームの解釈でかなりフリーに演奏させてもらってますが、やはり音源と同じフレーズでこられると、グッとくるものがありますね。それはやはりニールアンドイライザのお二人とKONCOS、カジさんとの長年のコンビネーションによるものかもしれません。

 

今月末のSpitz主催のロックロックこんにちは!にカジヒデキバンドで出ます。Baのオオナリくん(SISTERJET)とは初めてなので楽しみです。大阪の方ぜひ!

 

モノブライトのレコ発ファイナル@リキッドルームに行ってきて、モノブライトの一員かのような写真をとってきました(同郷だし)。

ほんとにさすがのライブで、感動というか感心しきり。曲の幅ももちろん、ライブ表現の幅の広さは、そこいらのバンドからはなかなか感じることができないやつです。それにしても桃野くんてどうしてあんなにおもろいの思いつくんだろうか、MC。

 

ぼくはというと、最近は15年ぶりくらいにギター熱がきてます。勢い余って歪みのペダルを探しに行って、お店で弾いてみては違うのが欲しくなって帰ってきて、また弾きに行ってというのを繰り返してます。エフェクター博士の谷澤氏に色々と質問した結果、さらに試したいのが増えるまさかの悪循環。あとは、いくつかのミックスをしたり。

新曲のデモも数曲出来ていて、どう録音しようかなあとプリンスを聴きながら考えてるところ。

 

それにしてもこの梅雨。天パのぼくには鬱陶しい毎日です。

2016.06.23 Thursday|Text

つれづれ

Hocoriリハーサルの様子。長時間にわたる試行錯誤の結果、新しいDJライブスタイルが出来上がって興奮した。制作に限らず、桃野くんはいつもぼくの予想できない鋭い打球を返してくる。フレッシュで刺激的なものは深夜に生まれると決まってる。


焼き鳥渋滞。


Hocoriの新作もマスタリングは同郷旭川出身のBernie Grandman山ちゃん。今作のミックスももちろんぼくがやってますが、山ちゃんのマスタリングではじめて曲が完成となるような余白のある音作りを意識した結果、最高の仕上がりに。この、コツを掴んだ感を早くまた実践してカラダで覚えたい。


Hocoriリリースは引き続きConbiniです。もちろんクリエイティブディレクターは出口和宏。今回の4曲目はリエディットもConbini(出口+関根)でやりました。楽しくって悲しいエディットとなっています。


TOKYOイーストサイドからウエッサイに引っ越しました。機材の整理してたら出てきた、golfの超初期のデモがたくさんはいってるMTR。当時はこれとZoomのリズムマシンとマイク、ギターのみで作ってた。ゴーストトラックっていう機能があって、この小さいディスプレイでスイッチをカチカチやりながら20トラックくらい駆使してた。から、MPCとかをすごいスピードでカチカチやってる人をみると、おれもこのMTRを思い出して嬉しい気分になる。


SLEEPERS FILMでフランス及びキューバ出身の双子姉妹デュオ、「Ibeyi」を撮影しました。彼女たちがヨルバ語で顔を見合わせながら歌う時の素晴らしさは、ぜひ体感して欲しい音楽的高揚。今後キャリアを積んでより深みが増していったらどうなっちゃうのか楽しみすぎます。この右側の長いパーカッション、撮影の際に横に回って気付いたんだけど、生ですごい低音が出ててびっくり。あの凄さはマイクじゃ拾えないかも。
 

2016.03.11 Friday|Text

2015によく聴いた曲とか
今年はHocoriのリリースをはじめ、プロデューサーとして呼んでもらえたり、アレンジ・ミックス・マスタリングでも多数コラボさせてもらったり、SLEEPERS FILMでの映像制作もしたりと、とにかく色々な方にお世話になりました。先月のgolfのライブでのドラマー夏目くんとの出会いもありましたし、来年がとても楽しみです。

というわけで来年もどうぞよろしくお願いします。やりたいことばっかり。一日24時間なんて、もうまったく迷惑なルール作ったもんですね?

以下は今年よく聴いた曲です。


Donnie Trumpet & The Social Experiment / Sunday Candy
この表現の自由さと幅広さ、目指しているステージの高さ、野心的な姿勢、どこをとってもこれを2015の一枚と言わずにはいられないです。ミックスも最高。何度聴いても、音楽への興奮を感じさせてくれる作品。
その上、この曲が入っているSurfというアルバムはフリーです。ポップスはついにここまできてしまったのか、というなんとも説明のつかない感覚に。音楽家とは、インディであることとは何か。色々と考えずにはいられない作品です。


Chance The Rapper - Interlude (That's Love)
ということは旧作ですがやはりこの人。イントロからよすぎ。この懐の深さっすなあ。



Dam-Funk / When I'm With U I Think of Her (Adolescent Funk)
上半期は今更ながらロウファンクなマイブームがきまして、そうなると当然Dam-Funkです。今年はラジオでDJミックスする機会が何度かあって、よくかけました。
今年こんなにも聴きこんでたのに来日公演を見逃してしまった…。


Payfone - Paradise
Junoをウロウロしてたら見つけた音。バレアリック?というの?気に入ってよく聴いてました。


Afrika Bambaataa - Looking for the Perfect Beat
初期ハウスのクラシックを聴きあさってるうちに、ヒップホップのクラシックも好きなことに気付いた。


Jamie xx - I Know There's Gonna Be (Good Times) ft. Young Thug, Popcaan
今年個人的に面白かったものの一つが、Viceのこのシリーズだったのですが、「あ!あのヤングサグじゃん!」と1人ウキウキしながらこの曲を聴いてました。
このJamie xxのアルバムも今年よく聴いていて、Fourtetプロデュースの楽曲も好き。


Ron Hardy - Sensation 
このシンプルな構成で飽きずに聴ける不思議。


Freeez - I.O.U. 1983 - Original Version
ショルキーとベースの人の演奏シーンはまったくもって意味不明ですが、最高です。


The Four Seasons - December, 1963 (Oh, What a Night)
とにかくイントロのドラムで一曲作りたいくらい好きなドラムブレイク。


Chaka Khan - I Feel For You (ft. Melle Mel) 
チャカカーン!と連呼するラップに度肝抜かれました。


A Guy Called Gerald - Voodoo Ray
おしゃれ!


Andras & Oscar - Looking Back
只者じゃない浮遊感。


Nicholas Krgovich / Let's Take the Car Out
このひとめっちゃいいじゃん!と思って聴いたらNO KIDSの人でした。納得です。


Shamir - Call It Off
待望のアルバムが出て、サウンドは若干自分の好みと離れてしまったんですが、でも好きです。一度聴くと忘れられない個性。


Hot Chip - Easy to Get
ホットチップくんでお馴染みの斎藤氏(パブリック娘)と会うと、なんだか唯一のホットチップ好き日本人と出会えた気分になって嬉しくなってしまうのですが、久々の新作はいい意味で彼ららしさが復活した良盤でした。日本にライブ来てくれ!


色々書いていて思い出しましたが、8月にInter FMで1時間ミックスをオンエアしました。実はその時の選曲はかなり今年のぼくの気分を反映してますので、年末年始のサウダージな夕暮れ気分にはぴったりかもしれません。ぜひ!

CLUB STYLE Mix Show (Inter FM) - Takuji Sekine - 31th July 2015 by Conbini on Mixcloud



それでは来年もどうぞよろしく!!!

2015.12.31 Thursday|Text

golf

PROFILE

LIVE

MAIL:info@golf-music.com
【golf】
2017年11月10日(金)
下北沢GARAGE
VS
Act: golf / nakayaan(Band Set)


RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

OTHER