3/22 下北沢GARAGE "TOTTEOKI"

 

2017年3月22日(水) 下北沢GARAGE
"TOTTEOKI"
Act: golf / imai (group_inou) / KONCOS / and more !!!
open/start 18:30 / 19:00 adv/door¥2500 / ¥3000 (D代別¥500) 
チケット:GARAGE(店頭・予約) / LivePocket
More info: http://www.garage.or.jp/7979

2017.02.08 Wednesday|-

1/22 下北沢GARAGE「KUTTUK vol.9」

2017年1月22日(日) 下北沢GARAGE
「KUTTUK vol.9」

OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥2,500(D代別)

Act: golf / uri gagarn / Wanna-Gonna
Floor music:AAAMYYY

 

チケット:GARAGE(店頭・予約) / LivePocket

2017.01.08 Sunday|LIVE

2016によく聴いた曲とか

今年前半はHocoriとユキヒーロープロレスのコラボがあり、ファッションショーベースでリリースやライブするという、自分の音楽史においては非常に斬新な出来事でした。SLEEPERS FILMでは、数年に渡って縁の深い方たちの飛躍を後押しできるような作品をいくつも残せたかなと。ミックス・マスタリングのほうでも大好きな人達と面白い作品が作れたので、やあ、振り返ってみると相変わらずバタバタしてましたが、ほんとに実りの多い幸せな一年でした。みなさまありがとうございました!

一応、ぼくのソロワークス的なものは以下URLにもありますのでぜひ。

http://golf-music.com/journal/

 

そこで本題の、誰に頼まれるともなく、毎年ただ書きたくて書いているベストトラックということで、

 

Whitney - Light Upon the Lake

 

Whitneyは一聴した瞬間のこのかまぼこサウンドの衝撃に心底やられました。このデジタルレコーディングの時代に、どうやってこんなにアナログテープなサウンドを作り出せたのかと頭を悩ませていたのですが、monchicon!清水くんの情報によると、Tascamのオープンリールでの録音とのこと。

フォーク・ロックが形作るファンタジーに必要なのは、プロツールスではなくテープマシンだったという2016年の結論に、現代音楽人として心が折れそうになった瞬間でした。

何言ってんだこいつという感じでしょうが…。

とにかく、Followという最後の曲が好きすぎて、リードギターを聴くと涙が出てくるし、土手に向かって走り出したくなるくらい甘酸っぱい気分になれます。恋の魔法にかかってるとしか思えない楽曲群です。インタビュー中にキスしてしまう彼らをみて、ぼくはどういう気持ちでいればいいのか未だにわかりません。

 

正直言うと、Whitney以外はどうでもいいくらいぼくにとってはエポックな作品でしたが(Jefferson AirplaneやBuffalo Springfieldを久々に引っ張り出して聴いちゃうくらい)、ほかにも音楽は聴いていたわけで、以下です。

 

Weval - Battle

これぞKOMPAKTという逸材。

 

Archy Marshall - Eye's Drift

あんたどんだけ天才かよとつぶやきながら何度も聴いた。

 

Aldous RH - Sensuality

このライブ映像が一番笑えるしかっこいい。

 

Red Hot Chilli Peppers - Go Robot

恥ずかしながらほぼ通過したことのなかったレッチリだったのですが、新作はすごくよくって、特にミックスがWhitneyとは完全逆ベクトルで最先端を見た感じ。

 

KAYTRANADA - LITE SPOTS

ジャケが最高で聴いたら音も最高。ダンスミュージック界には、まれにこういうポップネスを備えた才人が飛び出しますね。

 

Chance The Rapper - Angels

SoXと共に彼がここ最近追い求めてきた音楽(体験)がここに極まった感があるのではと。すごい境地。Donnie Trumpetの効き目も素晴らしい。

 

Mayer Hawthorne - Out Of Pocket

タキシードを経たソロもよく聴いた。

 

Milkron - Ask Me

聴いて安心な硬質。

 

Cass McCombs - Bum Bum Bum

今年は例年にも増してmonchicon!からよく聴いた気がする。これもそう。

 

Junior Boys - Over It

日本を代表するジュニアボーイズファンと思っていますが、新作はこれまでのファンが好きそうな(のでは)曲が多い中、この曲は何か新しい挑戦を感じて嬉しかった。このビデオが新しい客を遠ざけたかもしれないが…。

 

NxWorries - Link Up

これはほんとよく聴いた。こないだ呂布の車に乗ったときも偶然かかって、おお!と思った。アンダーソンパークという才能の勢いを感じずにはいられない作品。

 

FOUK - Gruff

Arthur Russellマナーなベースラインが最高ということで、DJのときよく使った。

 

Steven Julien - Chantel

この人はシーケンスというものにとらわれず音を遊べるトラックメーカーだなと感じて、なんでしょう、フライングトータス後の才能といいますか。

 

Rainbow In Your Eyes - Leon & Mary Russell

今年はたくさんのレジェンドが逝去しましたが、レオン・ラッセルもまたその1人ですね…。

 

今年もありがとうございました!

golfの新曲もできてますので来年はより楽しいお知らせができるのではと。ほんとです。いつも言ってるみたいですけどほんとです。

それではよいお年を!来年もよろしくお願いします!!!

2016.12.31 Saturday|Text

2016年11月11日(金) 渋谷O-nest「Alvesta#3」

2016年11月11日(金) 渋谷O-nest
「Alvesta#3」
OPEN 18:30 / START 19:00 前売 ¥2,800 当日 ¥3,500 
Act: golf / 中島孝 with Hi-Fi City BANDSET / HAKASE-SUN / macico / SILENTPOETS

詳細はこちら

 

golfライブします!

充分にためこんだパワーを発散すべく初の試みを模索していて、うまくいけばかなり面白いんじゃないかと。ぜひ遊びに来てください。

2016.09.15 Thursday|LIVE

真夏の夜の夢

恒例になりつつある珍屋でのインタビュー撮影協力 by SLEEPERS FILM。今回はTAMTAMのお二人でした。当然ながらレゲエ・ダブに詳しい彼らにとても感心。あと話しがほんと面白い。ずっと聞ける。

 

珍屋にてオススメされたBOZ SCAGGS & BANDのB面をとても気に入ったのでここんところ毎日聴いてます。

どうしちゃったのかというくらいに久しぶりに生バンドの音に回帰なモードだったので清水くんと松林店長にいいのあるかきいたところ、こうやって教えてもらって出会えたりするのがとてもうれしい。そんなわけでここんところ夜な夜なApple Musicで60s70sロックを漁ったりもしてます。10代後半によく聴いてたブルースとかまで聴き始めちゃって、自分でも意味がわからないですが、そんな波もくるということです。楽しく迷子してる。

 

聴いたことのあるサウンドは使いたくない病にかかった時にまあまあ重宝したソフトウェアたち。

 

面白い機会をもらったので、曲ではなくサウンドの制作。そういう時はやっぱハードがいい。mophox4活躍した。

 

プンプンとミツメのタワレコイベント。本気かつ真面目に音楽を楽しんでる彼らに刺激もらいました。

2016.08.10 Wednesday|Text

golf

PROFILE

LIVE

MAIL:info@golf-music.com

2017年3月22日(水)
下北沢GARAGE
TOTTEOKI
open/start 18:30 / 19:00
adv/door¥2500 / ¥3000
(D代別¥500)

Act: golf / imai (group_inou) / KONCOS / and more !!!


RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

OTHER